つぶより野菜 味

つぶより野菜の味はなぜおいしい?知られざる真相とは

 

つぶより野菜味

 

健康のために、野菜不足を補うためにつぶより野菜を飲んでいる方は多いと思います。

 

一日350gの野菜を食事で摂るのは大変ですからね。

 

ただ、栄養だけでなくがおいしかったら最高ですよね。

 

味がまずかったらいくら体に良くても継続できないですからね。

 

今回はつぶより野菜を飲んでいる方たちの味の評価からおいしさの秘密に迫ります。

 

つぶより野菜の味に関する口コミ

 

 

 

 

 

私はつぶより野菜を飲むまで色んな野菜ジュースを飲みましたが、いつも長続きしませんでした。

 

意気込むのはいつも最初だけです・・・

 

ですが、つぶより野菜を飲んでからというもの、野菜ジュースに対するイメージがガラリと変わりました。

 

普通の野菜ジュースに比べて圧倒的に味がおいしいので、朝につぶより野菜を飲むのが楽しみになるくらいでした。

 

そして、実際つぶより野菜の味に関して調べてみるとおいしい明確な理由がありました。

 

つぶより野菜の味がほかの野菜ジュースに比べておいしい理由

 

つぶより野菜味

 

  • 国産野菜100%、産地や収穫時期までこだわっている
  • カゴメ独自の製法で製造。濃縮還元をほとんど使っていない
  • 熱をほとんど使わないので栄養価を損なわない

 

国産野菜100%、産地や収穫時期までこだわっている

 

つぶより野菜は原材料に

 

  • にんじん
  • トマト
  • セロリ
  • プチヴェール
  • レタス
  • ほうれん草

 

を使用しています。

 

野菜や果物は収穫される旬の時期が違います。

 

したがって年間を通して野菜ジュースを生産するために一旦濃縮して保管します。

 

そうすることによって品質のばらつきを少なくします。

 

これが一般的な野菜ジュースに活用される濃縮還元です。

 

濃縮還元のデメリットは製造の過程で栄養価がかなり損なわれてしまうことです。
カゴメなど技術力が高い企業は栄養価を損なわないような真空蒸発濃縮法を採用していますが、
低コストで製造されている野菜ジュースの多くは濃縮還元によって大幅に栄養価を損ないます。

 

ただ、つぶより野菜の原材料で濃縮還元を利用しているのはほうれん草だけです。

 

なぜ、つぶより野菜は濃縮還元が不要かというと、季節によって最適な産地や収穫時期を選んでいるからです。

 

だから、まるで野菜を飲んでいるように錯覚するほど鮮度が高いんですね。

 

カゴメ独自の製法で製造している

 

つぶより野菜味

 

まず、カゴメの代名詞であるトマト果汁は二つの製法でじっくりと作られています。

 

まず一つ目はゆっくりと絞って爽やかな風味を抽出したトマト果汁。

 

熱を最小限に抑えてトマト特有の爽やかさをしっかりと残すことができる濃縮方法です。

 

そして、もう一つは強めに絞って深みのある味わいを抽出したトマト果汁。

 

つぶより野菜は2種類のトマト果汁をブレンドし畑で採れたトマトみたいな味わいにこだわって製造されています。

 

つぶより野菜味

 

次にニンジン果汁は熱をかけずに優しくゆっくりつぶしながら絞っていくカゴメ独自の製法で作られています。

 

つぶより野菜のニンジン果汁は雑味が少なく、まろやかな味わいなのでニンジンが嫌いな人でも特有のくせを感じることはありません。

 

一般的な安い野菜ジュースは熱加工によって栄養が損なわれることが多いですが、つぶより野菜は最低限の熱しか使っていないので、栄養価が高いんですね。

 

 

そういったことを含めて、つぶより野菜の味は野菜嫌いな子供たちにも受け入れらるおいしさなんですね。

 

つぶより野菜の味に関する口コミ評価

 

おいしく続けられるから子供が風邪をひかなくなった

 

つぶより野菜味

 

栄養が豊富に摂れるから肌荒れしなくなった

 

つぶより野菜味

 

アトピーが良くなって勉強に集中できる

 

つぶより野菜味

 

大学生の息子の栄養不足の解消に最適

 

つぶより野菜味

 

つぶより野菜味